グッド税理士チョイス

 グッド税理士チョイス TOP>

グッド税理士チョイス

顧問税理士の役割と存在意義

税金は、私たちの身近な所にたくさんあります。税金には、直接税と間接税があります。

直接税は、所得税などに直接課税される税金で、法人税(会社や団体の所得に対しての課税)、所得税(個人の所得に対しての課税)、相続税、贈与税などになります。

間接税は、物品を購入したときに、その品物の価格に税金がふくまれている消費税、酒税、タバコ税、地方道路税などになります。私たちは、憲法によって、個人の権利が守られ、そして認められています。その代わりに、私たちは、安心して暮らしていくための税金を国に納めているのです。

人びとの中には、働いて得たお金を「納税」として多くの金額を持っていかれることに対して、不満をもっている人も多くいます。ほんの少しでも納税額を減らしたいと考えるのはは、誰しもが考えている事だと思います。ただし、少しでも節税したいと言う考え方が度を越えてしまうと、脱税や不正行為へと繋がっていってしまう危険性もあります。税理士は、税金を払う人に対して、申告の手伝いだけではなく、「納税」の意味を正しく理解してもらう事も大切な仕事の一つになります。

法人が税理士を雇う場合には、税理士は、税務顧問として、クライアント先の企業が利用できる税務上の優遇措置や節税メリットを把握することが出来ます。顧問税理士は、クライアント先の企業のために、情報収集に努めます。もしも、税理士が、情報収集を怠ってしまい、クライアント先の不利益となったらどうでしょう。お互いに信頼関係が崩れてしまいます。経営者に対して、タイムリーな情報を発信することで、税に関して、手遅れにならないように努めるのです。

また、税理士は、クライアント先に毎月訪問しますので、クライアントである企業の経営者とも接する機会が最も多い一人だと言えます。その際に、経営者のよきアドバイザーとして、日常の取り組みから新たな取り組みへと繋がる可能性を見つけ出すという役割も担っています。税理士が、経営に関して新たな取り組みの提案を行なうことは、クライアントの企業の発展のだけでなく、自分自身の事務所の発展にも繋がるのです。

新たにビジネスを始めようとする時、意外にネックになるのが経理業務です。経理業務はそれ自体が利益を生むものではないために、どうしても後回しになってしまうと思います。しかし、きちんとした経理を行わなければ自分のビジネスの結果が数値という結果として把握できないため、今後の戦略を練る事もままなりません。

ところで、ビジネスを始めたばかりでは人を雇う余裕がなく、かといって経営者が自分で経理処理を一から行おうとすると業務がパンクしてしまうという恐れがあります。顧問税理士は税金の申告だけではなく、経理業務全般を請け負うところがほとんどですから、とくに開業当初の場合は税理士に依頼するのが一番ではないでしょうか?

依頼してよかったと思える税理士というのは、

単に経理業務を行うだけでなく、自分と同じ経営者の目線で一緒に考えられる

会社の状況に対して経理面からの分かりやすいアドバイスができる

通常の経理の業務以外にも何でも任せられる幅広い知識がある、

等があります。単に顧問料が安いから、というだけの理由で選ぶのではなく、多少顧問料が高くても安心して仕事を任せられる、信頼のおける顧問税理士を選ぶことが一番重要だと思います。とは言え、これらは実際に業務をお願いしてみないと分からない事ですから、顧問税理士選びの段階では以下の点に注意してみると良いでしょう。

税理士選びの注意点

1. 約束を守る

確定申告には申告の期限があります。また、ビジネスにおいて仕事のスピードは重要です。待ち合わせ時間や決め事を守ってくれることは最低条件といえます。

2. 説明の分かりやすさ

税理士に委託するとはいっても、全部任せきりはいけません。事業を軌道に乗せていくためには税理士に頼んだ方もきちんと経理の状況について理解しておく必要があります。あなたの質問に分かりやすく、的確にこたえてくれる人かどうかを、面会するなどして確認しておきましょう。

3. 料金

良質な税務サービスを適正な値段で受けることが重要です。インターネットなどでも相見積をとることのできるサイトがありますので、顧問料を比較して確認しておきましょう。

4. 事務所の雰囲気

事務所に電話をしてみたり実際に訪ねて行ったりして、どのような職場環境で税理士が働いているのかを確認してみましょう。横柄な電話の対応などはもっての他です。

5. 人柄

税理士とは継続的にお付き合いしていくことが一般的です。長く続く関係ですから、接しにくいということでは、お互いの仕事がやりにくくなってしまいます。話した印象なども参考にしておくと良いでしょう。

このように税理士を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。税理士では、顧問税理士を探す際のポイントや費用の面、そして税理士を選ぶ時にチェックすること等を紹介して行きたいと思います。

 

Valuable information
大きいサイズのドレスレンタル
http://diana.blue/
ダイビング 宮古島
http://www2.miyako-ma.jp/sensui/
水戸市で不動産を探す
http://www.toyoestate.co.jp/
天然石 ビーズ
http://www.dtsupplier.jp/
ポイントカードシステム【IDカード・ラボ】
http://www.idcard.jp/point_card.html

Last update:2015/8/21